長岡が国枝

トリップにでたい肩書きにも書いたように「トリップに出たい」病魔が発症しかけております。潜伏時間は長く、発症すると外観がうっとうしいのが恐れだ。
東南アジア、西欧州はすでに行ったので今度は東欧州あたりに行きたいだ。(物価が安いというのも都合が良いですし。)
トリップフェチのひと曰く、ハンガリーなどはミールも宿泊代なども安く済んでバックパッカーにとって、とてもありがい国家だそうな。しかも、邦人にとってもなじみ奥深いエステもあるとの事です。日本のエステとは趣きがだいぶ違うでしょうか、ぜひともハンガリーのエステでいっぱい飲みたいものです。(笑)

Share This

suirei