ロイヤルゼリーは

滋養にいいといわれるロイヤルゼリーは、働き蜂がビーポーレン(蜂花粉)と花の蜜を自らの全身で合成して分泌してできたものです。ロイヤルゼリーは元来女王蜂の主食なのです。ロイヤルゼリーという肩書きは、日本語では君主バストと記されたりもします。ミツバチの世間は多数の働き蜂・女王蜂・雄蜂の3部門のミツバチから成り立っています。ほんとに働き蜂が花粉をそろえ、若々しい働き蜂がそれを食べて腸の消息筋へと吸収します。こういう花の蜜をミツバチ自らの全身で合成して、頭部における下咽頭腺から分泌されたものをロイヤルゼリーと呼ぶのです。永久こういうロイヤルゼリーだけを集中的に食べ積み重ねるため、栄養を吸収し続けた女王蜂は、働き蜂の2~3ダブルというボディに育つことができます。その驚異的な産卵効用を持つ女王蜂は、毎日1500個という卵を産むといいます。ロイヤルゼリーを通じて女王蜂は、働き蜂の寿命が約2ヶ月に関して4層以来、詰まり40ダブルの長さを生きられるといいます。こういうロイヤルゼリーの機能が、世界的に注目を浴びるようになったのは、1954層のことでした。その当時のローマ教皇、ピウス12世間が老衰で危篤状態に陥ったときのことです。ドクター団のひとりがローマ教皇にロイヤルゼリーを投与して、驚異的な完治をしたということが端緒だったのです。脱毛ラボ 天王寺 口コミ