ヨーグルトの年数

乳酸菌を利用した献立と言えば「ヨーグルト」を思い浮かべるやつは多いでしょう。

ヨーグルトの経歴はとても古いものですよ。
初めて作られたヨーグルトは紀元前3000世代なのです。ブルガリアのやつがバッグの中に生乳を入れたものを持ち歩いていた職場、ばい菌によって自然にヨーグルトのようになったことが、ヨーグルトのオープニングだったのです。

ブルガリアの人物が欧州に移住し始めると、ヨーグルトは欧州中に広がっていきました。
牛のお乳だけではなく、羊やヤギ、馬のお乳もヨーグルトに利用されるようになり、ロシアでは「ケフィール」、インドでは「ダヒ」と呼ばれるヨーグルトなど、そのグラウンドに当てはまるヨーグルトが次々に誕生していきました。

1900時代初めには、ロシアのメチニコフというサイエンティストが、ブルガリアの人物が長寿なのはヨーグルトにある乳酸菌の影響によるものが高い、というロジックを唱え、以降、ヨーグルトはトクホとして基盤に広められるようになりました。

日本にヨーグルトが伝わってきたのは、7世紀うちだと言われていますが、最初は「薬」として、一部の人物にのみ利用されていたようです。

現在のようなヨーグルト製品が一般的に広まっていうのは戦後だ。
1969年には果肉が入ったヨーグルト、1971年にはプレーンヨーグルトが販売されるようになりました。
サッカライドの含まれていないプレーンヨーグルトは、最初に売り出されたうちは、「すっぱい」産物として売上は悪かったようですよ。
ですが、体の健康にこだわった本来のヨーグルトとして次第に注目されるようになり、現在ではスウィーツとしてだけでなく、食べ物などにも幅広く利用されていて、皆に愛されるトクホとなっていますよね。
ヨーグルトにある乳酸菌の階級も様々で、十人十色、風習や条件に当てはまるものを選べるようになっています。
自分の腸と相性の良いお気に入りのヨーグルトを見つけて腸の健康を心がけてくださいね。優光泉酵素 買ったらいけない